Shadow on Concrete Wall

到着ビザ(VOA)

Arrival visa

 

到着ビザ - 延長

最大60日間、滞在を楽しみたい方の為のビザです。(就労不可)

※観光・親族訪問・社会訪問・芸術&文化活動・政府用務・講義&セミナー等参加・国際展示会参加・

インドネシアでの本社または代理店の会議出席・他国への乗り継ぎ目的で30日以内の滞在の場合のみ、

到着ビザ(VOA)の取得が免除となります。

滞在可能日数

最大60日 (初回30日 + 延長30日x 1回)

延長可能回数

1回

滞在目的

<A群>※30日以内の滞在の場合は到着ビザ(VOA)の取得が免除となります。

観光・親族訪問・社会訪問・芸術&文化活動・政府用務・講義&セミナー等参加・

国際展示会参加・インドネシアでの本社または代理店の会議出席・他国への乗り継ぎ

 

<B群>※30日以内の滞在の場合でも到着ビザ(VOA)の取得が必要です。

スポーツ(商業目的でないもの)・研究、短期留学、短期トレーニング・緊急かつ差し迫った

作業の実施・商談(ビジネスミーティング)・物品購入・インドネシア領域にある輸送機への参加

 

※上記<A群><B群>ともに就労は出来ません。

上記表の滞在目的<A群>に該当し、かつ31日以上の滞在を希望の場合は、バリ島到着時に到着ビザ(VOA)の取得が必要となります。 入国審査カウンター手前のビザ取得ブースにて、ご自身でビザ代Rp.500,000(※2020年3月現在)を支払い到着ビザ(VOA)を取得してください。お支払にはインドネシアルピアまたはその日の換算レートによる米ドルや日本円などの現金でお支払いただけますが、クレジットカードはご使用いただけません。

 

上記表の滞在目的<B群>に該当する場合は、30日以内の滞在でも、バリ島到着時に到着ビザ(VOA)の取得が必要となります。 入国審査カウンター手前のビザ取得ブースにて、ご自身でビザ代Rp.500,000(※2020年3月現在)を支払い、到着ビザ(VOA)を取得してください。

 

上記表の滞在目的<A群><B群>ともに31日以上の滞在を希望の場合は、入国時に到着ビザ(VOA)をご自身で取得し、

ビザの滞在期限(30日)が切れる前に、滞在延長手続きが必要となります。

延長手続きを行えば、最長60日間の滞在が可能となります。

※もともと到着ビザ(VOA)を取得していない方は、延長申請はできませんのでご注意ください。

※空港において到着ビザ(VOA)で入国したにもかかわらず、パスポート上に到着ビザ(VOA)のシールが貼られないケースや、

パスポート上にはビザ免除での入国印が押されてしまったケースが少数ながら発生しています。

ご滞在中のトラブル回避のため、到着ビザ(VOA)を申請された際は、必ず到着ビザ(VOA)シールが貼られていることを確認するとともに、領収書を受け取り、念のためご出国まで保管することをお勧めします。

※バリ島の入国の際は、パスポートの残存有効期間6ヶ月以上、連続した空白の査証欄ページが、ビザ免除の場合2ページ以上、ビザ取得の場合3ページ以上が必要です。また、入国時に復路(出国用)の航空券の提示が求められる場合がありますので、復路(出国用)の航空券も必ず携帯してください。

延長

到着ビザ(VOA)

延長手続き代行

料金

Rp.1,560,000

延長日数

​30日

必要なもの

  • パスポート原本

※滞在期限が切れる12日間(土日祝日を除く営業日数)前までに、パスポートを一度お預かりします。

  • 帰りの飛行機のチケット(E-チケットや予約表でOK)のコピー

  • 指定日にイミグレーションにて写真撮影。写真撮影をする段階になりましたら、担当者からご連絡させていただきます。

指定日時に、直接デンパサールのイミグレーションで写真撮影を行います。

当日は担当スタッフが同行いたします。

料金に含まれるもの

  • 到着ビザ(VOA)延長1回(30日)分の代行手続き

料金に含まれないもの

  • 「料金に含まれるもの」に記載されている以外の経費等

ご案内&注意事項

ビザ延長手続き代行は、一括前払いとなります。ビザ発給を確約するものではなく発給の可否に関しての責任を当社は負いません。なお、ビザが発給されなかった場合も申請代行料金(実費としてかかった分に関して)はご請求させていただきます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。ビザの発給可否及び期間に関してはインドネシア移民局側が審査し決定します。

※ウブドやタナロット、ウルワツなど遠方のホテル においては、パスポートの受け渡しに際し、追加料金(Rp.100,000)がかかります。