インドネシア バリ島 最新 入国情報

バリ島 入国情報

Arrival Information

​バリ島への渡航をご検討されているみなさまへ

バリ島 最新入国情報

バリ島への渡航の際には、

入国制限・規定に関する

最新の情報を

ご自身でもご確認ください。

新型コロナウイルスの影響により、バリ島への入国においては制限・規定が設けられています。これらの制限・規定についての政府からの通知は、直前に発信されることが多い為、バリ島へ渡航を計画されていらっしゃる方は、最新情報を取得しておくことが必要です。

※このページに掲載している情報は、2022年3月21日現在の情報です。予告なく変更が生じる場合もありますので、予めご留意ください。2022年3月8日より、ワクチン2回(必要回数)接種済みで、バリ島から入国の場合は、入国時の強制隔離が不要となりました。ジャカルタからの入国においては、強制隔離が1泊2日必要となっています。

※日本国の外務省は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大状況等を勘案して、2020年3月31日以降、引き続き(2022年3月21日現在)、インドネシアに対する感染症危険情報を「レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」としています。インドネシアへの渡航においては、ご自身の責任・判断のもとご検討ください。

 

​バリ島からの入国

日本からジャカルタ着のフライトを利用し、その後、国内線でバリ島へ移動する場合は、目的地がバリ島でも、ジャカルタからの入国となりますので、ジャカルタでの強制隔離1泊2日が必要です。

※新型コロナウイルス対策のための措置は、突然変更される可能性があります。最新の査証申請手続きの詳細や実際の運用状況については、入国管理総局や入国管理事務所、在京インドネシア大使館 または 在大阪インドネシア総領事館にお問い合わせください。

​バリ島からの入国に必要なもの

 

※入国時に必要なQRコードは、空港のWIFI環境の不具合などに備え、スクリーンショットやダウンロードをして保存しておくとともに、スマートフォンの故障や充電切れなどに備えて、証明書等の必要書類一式は紙媒体でも準備されておくことをおすすめいたします。

① ビザ または 滞在許可証

​有効なビザ(到着ビザ/シングルビザ) または 滞在許可証(暫定一時滞在許可: KITAS / 定住許可: KITAP)が必要です。E-VISA(電子査証)の場合は、カラーコピーもご持参ください。

※ビザ免除は引き続き停止されています。

 

​<到着ビザ(VOA)>

滞在目的:観光のみ

​到着時に空港にて取得(費用:Rp.500,000)でき30日滞在が可能です。

入国審査カウンター手前のビザ取得ブースにて、ご自身でビザ代Rp.500,000を支払い到着ビザ(VOA)を取得してください。

パスポートの残存有効期間6ヶ月以上、連続した空白の査証欄が3ページ以上必要です。

※お支払にはインドネシアルピアまたは、その日の換算レートによる米ドルや日本円などの現金でお支払いただけますが、コインは利用不可。おつりはインドネシアルピアとなります。

※1回(30日)のみ延長が可能です。

※到着ビザ(VOA)で入国後、現地にて別の種類のビザの取得は不可となりますので、ご注意ください。

到着ビザ(VOA)の延長手続き代行も承っております。詳しくはこちら

​<シングルビザ(E-VISA / B211A)>

滞在目的:観光 または 商用

​出発前に取得が必要で最大180日(初回60日+延長30日x4回)滞在できます。

シングルビザ(E-VISA)の申請手続き代行も承っております。詳しくはこちら

② パスポート

​バリ島到着時に到着ビザ(VOA)を取得する場合は、パスポートの残存有効期間6ヶ月以上、連続した空白の査証欄が3ページ以上必要です。

 

③ 航空券

到着ビザ(VOA)シングルビザ(E-VISA)で入国する場合は、復路(または第三国へ出国する)航空券も必要です。入国時に復路(出国用)の航空券の提示が求められる場合があります。

 

④ ワクチン接種証明書(英語)

新型コロナウイルス ワクチン接種が、出発の14日間以上前2回(必要回数)接種が完了していることが英文で